2008-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

カルナヴァレ博物館

先日の私のマリー・アントワネット展の記事を見て、
パリのときの友人のMAROさんが展覧会のパンフレットを買ってきてくれました。
そして、週末に一時帰国されて送ってくれたのです。
パンフレットといっても、厚さ2センチはある立派なもの。
ありがとう、MAROさん!
どんなものが展示されてるのかとっても気になっていましたが、
これで大分様子がわかりました。
2008.4- 122r


フランスは風刺画が昔からのはやりなのですが、
下の絵は、マリー・アントワネットがルイ16世を操っているという当時の風刺画です。
革命が始まってから、頼りにならないルイ16世に替わって
マリー・アントワネットがだいぶ政治的手腕を発揮したそうで
それを風刺した絵がたくさん出回ったらしいです。
2008.4- 151r

マリー・アントワネットの遺髪。
これは、カルナヴァレ博物館で撮ったものですが、
今回のマリー・アントワネット展で展示されているようです。
2006.12~ 251r

カルナヴァレ博物館には、フランス革命というコーナーがあって、
かなりのスペースで、タンプルの塔に幽閉されていたときのカードやチェスなど
さまざまな展示がされています。
2006.12~ 250r

2006.12~ 249r

中庭に立つルイ14世の像。
2006.12~ 218r

ルイ14世は若い頃バレリーナになりたかったらしい。
だからスタイルもよかったのかも?
2006.12~ 220r

フランス式幾何学模様の庭園。
すっごく手がかかりそう。
2006.12~ 232r

マリー・アントワネットとルイ16世の絵が入ったマグカップ。
2006.12~ 236r

カルナヴァレ博物館は、歴史博物館でもあり、
フランスのいろいろな時代の展示がされています。
何回か行ったことがあるので、この日は他の時代でも見ようかな~、
とぶらぶらしていたら、係りの人が寄ってきて
「フランスレボリューションのコーナーはあっちだよ」
と教えてくれました。
「知ってます。」というのも悪いので、
お礼を言ってそっちに向かいました。
よほど日本人が訪れるんですね。
下はバスティーユ牢獄襲撃の絵。
2006.12~ 241r

そしてこれは、オスカルの着ている軍服のモデルになったといわれる
ユラン伍長の絵。
なんとなくわかる気がする。
ユラン伍長は、アンドレが撃たれたときに
オスカルが指揮を任せたときにチラッと登場しましたね。
2006.12~ 243r


さて、週末に市の大会がありました。
団体戦は1校3チームがでて2チーム勝った方が勝利なのですが、
3チーム全勝の完全優勝!
個人戦の海と香は同じ学校のK&Yの先輩ペアに準決勝で負けて3位でした。
さあ、次は県南大会です。
県大会出場なるか?!
応援してくださいね~。
スポンサーサイト
entry_header

アミアンの大聖堂②

最近仕事でパソコンの前にずっと座ってるせいか、
家であまりいじらなくなってしまいました。
先日食あたりをしてしまい、死ぬ思いをすることに。
同じものを食べたのに、私だけなったというのは
ちょっと疲れてたのかも・・・?
もう若くないしなあ。
無理はいけませんね~。
そろそろうちの3人娘にもしっかりしてもらって、
面倒をかけないようにして欲しいと思うこのごろです。
(本人たちはちっともその気がない。はあ~

さて・・・
アミアンの大聖堂の中に入ると、
高さ42メートルの天井に圧倒されます。
本当にクレーン車などないこの時代に、
どうやってこんな高さの建物を作ったのだろうと思ってしまいます。
奥行きは145メートルもあります。

2007.2~ 129r

聖堂の内外を飾る彫刻群は、
天地創造やアダムとイブ、イエスの生涯、最後の審判などが
リアルな表現で刻まれています。
文字があまり普及していなかったこの頃、
人々は彫刻像で聖書を学んだそうです。
2007.2~ 130r

この聖堂は、当時としては異例の68年という早さ(といっても長い)
で完成しました。
秘訣は、石材の加工は天候に左右されない室内で行い、
晴れた日は石を積み上げるだけという画期的な方法で作られたこととか。
2007.2~ 134r

パイプオルガンも立派ですね。
石造りの聖堂に、本当に美しく響くんですよ。
椅子は、学校の椅子のようなものがびっしりと並べられています。
2007.2~ 137r

聖堂近くの町は案外小さくて、
かわいい建物が目だっていました。
2007.2~ 139r

今日はしとしと雨が降っています。
今週はいよいよ市総体が始まります。
そのあと、県南大会、県大会、関東大会と続くのですが・・・。
どこまで行けるかしら???
entry_header

アミアンの大聖堂

2月のある日、アミアンの大聖堂を訪れました。
アミアンの大聖堂は、パリから北へ130キロのところにあります。
フランスの高速道路を走ると、
道路の脇に近くの観光地の看板がこんなふうに見られます。
2007.2~ 119r

アミアンの大聖堂は、ノートルダム寺院に先立って1288年に完成した、
古典的なゴシック様式建築物の傑作。

2007.2~ 123r

壮大な規模で、高さは42メートル奥行きは145メートルあります。
いつも思うけど、こんなすごいものを700年も前にどうやって作ったんだろう・・・。
写真はパンフレットから。
b-06r.jpg

すごい細かい彫刻の数々。
2007.2~ 125r

夏の時期は、ここがカラフルにライトアップされます。
2007.2~ 126r

2007.2~ 142r

2007.2~ 143r

いくつも突き出した、カーゴイル(雨とい)
魔よけの意味もあるらしい。
2007.2~ 144r

次回は中の様子です。
entry_header

マリーアントワネット展

6月に入りましたね。
5月はなんだか雨が多くて、もうすでに梅雨に入ってるみたいですが・・・。
ガソリンも今日から170円。
週1回ガソリンを入れる私には痛いです。。。
しかも、派遣の時給て交通費込みなんですよ。
この先200円もありえるとか。
あーあ、どうなることやら。

さて、今パリのグランパレでマリーアントワネット展がやっています。
パリでマリーアントワネット展が開かれるのは50年ぶりだそうで、
近年また注目されているようです。

それにしても、どうして私がパリにいる間に開いてくれなかったんでしょう。
行きたーい!と思ってもそう簡単には行けません。
せめて、私がパリで撮った写真でも見て
ひとりマリーアントワネット展でもやりますか。
antoinette1.jpg
antoinette3.jpg
antoinette4.jpg

上の3枚は、この展覧会で飾られている写真です。

下は、セーブル美術館で撮ったもの。
けっこう高い値段で売ってました。
2007.2~ 579r

これはおととし行った、
マリーアントワネットの手紙などの展示会。
ホンモノの遺書です。
2007.2~ 059r

家族の絵の飾り。
チュイルリー宮で持っていたらしい。
でも、子供ふたりしかいませんね。
2007.2~ 064r

これは贖罪の礼拝堂でのマリーアントワネットの像。
贖罪の礼拝堂は、処刑されたあとルイ16世とマリーアントワネットが
二十数年埋められていたところに建てられたものです。
ここは週2日くらいしかあいてないので、
見たことのある人は少ないと思う。
プランタンのすぐそばにあるんですけどね。
2007.2~ 088r

Marie-Antoinette
グランパレの企画展は撮影禁止なので、
インターネットで探しても写真はほとんど載ってなくて残念。
パリに住んでる方、ぜひ訪れてくださいね。

マリー・アントワネット展

●展覧会期間/~2008年6月30日(日)
●開催場所/Galeries nationales du Grand Palais
●住所/3 avenue du Ge´ne´ral-Eisenhower 75008 Paris
●開館時間/10am~10pm(木曜は~8pm) 火曜休館
●最寄りメトロ/「Champs-Elyse´es-Clemenceau」1・13番線
●入場料/通常10ユーロ
●公式サイト/ http://www.grandpalais.fr/

side menu

side_header

princess

プロフィール

ローズ・マリー

Author:ローズ・マリー
2005年4月から2007年3月までパリに在住。
今年4月には主人もモスクワ単身赴任から帰国して、5年ぶりに5人と1匹の生活をスタート。
パリにいた期間より日本に帰ってからの時間のほうが長くなってしまいました。でも、パリでの思い出は今も胸の中で生き続けています。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。

FC2Blog Ranking

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。