2008-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

ありがとうございます。10万件アクセス突破

ブログを始めた頃、
アクセス件数が少しづつ増えて、
ひとりでも私のブログを読んでくれる人がいることがうれしかった。

それが・・・
それが・・・

ついにアクセス件数100,000万件を突破したんですぅ

ほんとにありがたいことです。
「パリの空の下から」
と言ってるけれど、帰国して1年
本当は日本から発信してるのです。
設定変えなきゃなあ、と思いつつも
実は変え方がよくわからず。
最近のどんどん変わるブログの機能にも一切ついて行けず
なんとか更新しているという状況なんですよ~。
なので、もうしばらくこのままここにいさせてください

というわけで、何の写真にしようかなっと思ったけど
記念すべき第1回の写真にしました。
私のブログの原点なので。
2006.10~ 215r

毎日この景色を窓から見ていました。
おもちゃのようなかわいい煙突がなつかしいです。
またいつか行けたらいいな。

というわけで、これからもよろしくお願いします。
        <rose・marie>
スポンサーサイト
entry_header

ムーランルージュ

ムーラン=風車 ルージュ=赤
その外観通り、ムーラン・ルージュとは赤い風車のこと。
昔このモンマルトルの丘には風車がたくさんあって、
小麦をひいていたらしい。
今では、風車はラデの風車だけになってしまっているけれど。
2007.2~ 164r

2007.2~ 165r

ムーラン・ルージュでは、このフレンチカンカンが世界的に有名。
一度見てみたかったけれど、このパリきっての歓楽街に
夜ひとりで行くのはさすがの私もできず、
帰国間際に友人たちと、リドとどっちがいいか、ということになって
結局リドに行ったのだった。
2007.3~ 435r

というわけで、昼間入り口だけ拝んでおしまい。
2007.3~ 434r

ムーラン・ルージュと言えば、画家のロートレックが通ったことでも有名。
入り口の左側にある大きなポスター。
ロートレックの絵は、オルセー美術館にもあるけど、
すごくパリらしい雰囲気だなあと思う。
2007.3~ 433r

ちなみにこのあたりには昔、入市税を取る門があって、
その順番待ちをしてる人たちのために酒場が発展したらしい。
2007.2~ 166r

この記事を書くために、久しぶりにガイドブックを開きました。
最近日本の話題が多いから。
写真を見るとまだ書きたい事はあるから
もうひとがんばりしなくっちゃ~。
entry_header

1年ぶりのフランス料理教室

パリにいたとき、月に1回フランス料理を習いに行っていました。
習うというより食べに行っていただけ?とい気もしますが・・・。
そのときのアルマーニ先生は、年2回日本に来て教室を開きます。
きのうは帰国以来始めてその教室に参加しました。
場所は、赤坂のとあるタワーマンション。
こんな高級マンションに誰が住むんだろう?
って日頃思っていたけど、
いるんですねー、住んでる人。(あたりまえだけど)
今回は中に足を踏み入れてしまいました。
部屋は広いし、眺めもすばらしい。
夜景がきれいだろうなあ・・・。
2008.4- 034r

テーブルセッティングも素敵。
2008.4- 042r

LANGUES DE CHAT(ラング ド シャ)を搾り出す先生。
名前の通り、猫の舌のような薄いクッキー。
2008.4- 039r

ケーキの焼け具合を見る先生。
2008.4- 041r

メインのお料理 BAECKOFFE(ベッコフ)。
アルザスの家庭料理。
2008.4- 051r

小麦粉と水で作ったものでふたをしてオーブンで3~4時間暖める。
2008.4- 053r

アルザス特有の陶器のおなべもかわいい。
先生がフランスから持ってきたそうだ。
重かっただろうなあ・・・。
2008.4- 046r

お肉がすごく柔らかい。
野菜はじゃがいも、にんじん、たまねぎのスライス。
2008.4- 047r

前菜の CAPPUCCIONO DE CHAMPIGNONS(カプチーノ ド シャンピニオン)。
きのこのスープです。
上にかかっているのはココア。
スープをカプチーノ風にしてしまうところがフランスらしい。 
2008.4- 043r

上に乗っているのは、パルメザンチーズを焼いたもの。
とってもかんたんだけど、おいしい!
2008.4- 036r

デザートのFLAN A LA NOIX DE COCO(フラン ア ラ ノワ ド ココ)
小麦粉は使ってないんです。
ココナッツと練乳と卵と牛乳を混ぜただけ。
上はさくさく、下はプリンみたいですごくおいしかった。
2008.4- 049r

なんだか、パリで先生の教室に出ているような気がしました。
先生のフランス語混じりの日本語も懐かしい。
もうすっかりフランス語も頭のはじっこに行っちゃってたし。
パリの空気を久々に感じた一日でした。
entry_header

モンマルトルの似顔絵描き②

私は小さい頃、どこかで書いてもらった似顔絵を持っていて、
子供心にそれをけっこう気に入っていた。
世界にひとつしかないものだし、わりと似ていたからだ。

なのでパリに住んでいるとき、一度くらい似顔絵を書いてもらうのもいいかな、
って思っていた。
しかも、モンマルトルだし、
一生の記念になるかと思って。
2007.3~② 005r

モンマルトルをぶらぶらしていたけれど、
雨が降りそうだし寒かったので
次に声をかけてきた人にお願いしよう、と思っていたら、
ベレー帽をかぶったムッシューが話しかけてきたのでお願いすることにした。
なんか絵描きっぽい雰囲気だったし、
フランス人って感じがしたから。

そして海と香を前に、ペンを取り出したおじさん。
「・・・ん?」
おじさんが取り出したのは、なんとマッキー。(油性ペン)
「まさかこれで?」
と思ったけど、おじさんはすいすいとマッキーで描き始めた。
私は、似顔絵といえば色鉛筆だと思い込んでいたのだ。
こ、こんなマッキーが登場するとは夢にも思っていなかったよ~。
2007.3~② 008r

しかも、おじさん、海と香はこんな美人じゃないよ~。
美化しすぎだよ~。
2007.3~② 019r

と心の中で叫んだけど、
おかまいなしに描き続けるおじさん。
2007.3~② 017r

もういいや。とにかく書いてもらうことに意義がある、と無理やり納得。
2年も住んでても、こうした失敗はあるのだ。
私もまだまだだなあ・・・。

雨が降ってきたのでカフェの軒下で書いてもらっていたら、
中から「場所代払え!」
とギャルソンが飛び出してきた。
いいじゃない、それくらい。ケチだなあ。
仕方なくおじさんはお金を払ってたようだ。

モンマルトルにはお土産屋さんがたくさんある。
このお店は一番のお気に入りだった。
2007.3~② 007r

こうして私はこの翌日、パリの街をあとにし帰国の途に着いたのだ。
この話はずっと内緒にしていたので、
今頃モスクワの空の下で驚いてるだろうなあ。
ま、一年以上経ったから時効ってことで。
entry_header

またまた優勝

先週末に、県南地区の選抜大会がありました。
これは、これから夏に向けて始まる、
一年で一番大きな総体のシードの団体戦の順位を決める重要な大会。
今までの実績では、海と香のいる学校は第一シードだそう。
さて、第一シードキープできるか・・・?

選抜だけあって、どこも強豪校ばかり。
今まで負けたことのある学校がぞろぞろいる。
しかしながら、そんな学校も順調に破り、
とうとう決勝戦に進んだ。
今まで県大会などで見て、
全然レベルが違うよ~、と思っていた学校にも
だんだん手が届くようになって、
ついには肩を並べた、いや上回ったかも。

決勝戦は、1勝1敗で最後の海と香の勝敗で
チームの勝敗が決まることになった。
1年生として最後の大会。
相手はもちろん2年生。
最初はめずらしく緊張したのか動きが悪くてリードされていた。
さすがにプレッシャーだよね。
決勝だからギャラリーも多いし、みんな注目してるんだから。
でも、そこでずるずると負けないところが、海と香のいいところだ。
だんだん調子を上げて、相手を振り回すようになってきた。
2-2で迎えた第5ゲームは、
デュースの繰り返しで接戦だったけど、勝ちをもぎ取った。
これが大きかった。
最後のゲームは押しまくって、
最後の海のショットはすばらしかった。
4-2で勝利。
優勝して第一シードをキープした。

第一シードはちょっとプレッシャー。
ホントは第2シードくらいがいいな、思ったけど、
こうなったら本番も優勝して県大会に行くしかないよね~。
その先もちょっと見えてきたかも・・・?
2008.4- 005r



entry_header

きみがのぞむなら~♪

昔、という言い方は自分が昔の人みたいだからあまり好きではないけれど、
これは、やっぱり昔は・・・という言い方があってると思う。
2008.4- 014r

昔私が小学生だった頃、
ほとんどの女の子たちは新御三家のうち誰が好きか?
という話題で持ちきりだった。
郷ひろみが一番人気があったようだけれど、
ワイルド系が好きな私は、だんぜん西城秀樹だった。
人に話したことはないけれど、
実は年賀状を出したこともあるのだ。
もちろん返事など来るはずもないけれど、
それがスターだと思っていた。

そ、それが・・・
週末行った浅草の桜祭りになんとあの、西城秀樹が来たのだ!
実物を見るまでは物まねじゃないかと最後まで疑っていた。
でも、特設?ステージに現れたのはまぎれもない
ホンモノだった。
2008.4- 015r

いや~、いくつになってもやっぱりかっこよかった~。
「情熱の嵐」や「傷だらけのローラ」
など、昔大流行した歌を熱唱。(もちろんレコードを持っていた。)
けっこう近くで見たので、こっちを向いたときなんて
ドキドキしちゃった。
2008.4- 019r

アンコールの「YMCA」
ノリにノリまくる会場。
私はといえば、片手にビデオカメラ、片手にデジカメ。
こんなに老若男女で踊れる曲はないんじゃないかな。
2008.4- 022r

いや~、秀樹はやぱっりかっこいい。
「ローズ・マリー、カンゲキ~!」
なんちゃって。

セーヌ河のクルーズじゃないけど、
隅田川の屋形船からお花見もよさそう。
2008.4- 013r

人力車が走っていた。
風情がありますね。
2008.4- 012r

桜と浅草寺。
2008.4- 023r

リニューアルした花やしき。
2008.4- 025r

帰りに食べた醤油ねぎ叉焼麺。
おいしかった。
2008.4- 026r

子供たちに「西城秀樹かっこよかたよ~。」
って話したら、
「知らない」
って言われた。
ちびまるこちゃんの中でしか知らないそうだ。
うう、やっぱり昔なのね。
entry_header

モンマルトルの似顔絵描き①

今朝、ミルキーの水に入れる薬をまちがえて、
となりにあった自分のコーヒーに入れてしまいました。
春眠暁を覚えず・・・ですかね?

さて、3月末で帰国1周年を迎えました。
帰国してからすぐに日本の生活に慣れたけれど、
パリでの生活もどこかに残っていて、どっちつかずっていうところもありました。
でも最近は、パリでの生活が遠くなりつつあり、
かえってすごく懐かしくなったりするんです。

パリで最後に訪れるのは、モンマルトルっていつからか決めていました。
一番好きな場所だったし、
パリの街が見渡せるから。
でも、この日はあいにくの冷たい雨。
2007.3~② 004r

画家たちが集うテルトル広場にも、パラソルの花が咲いています。
2007.3~② 009r

暖かい季節になると、テルトル広場はカフェで埋め尽くされるのですが、
この年は暖冬だったせいか3月でもうカフェがオープンしてました。
こんなギャルソンの姿もパリならでは。
2007.3~② 014r

このテルトル広場で絵を描くには許可がいるそうで、
なかなか順番が回ってこないそうです。
2007.3~② 015r

日本人の画家もいるらしいです。
日本のテレビで見たことがあります。
確か、疲れた~、ってよく言ってるので
「つかれたさん」
と呼ばれてるって言ってました。

相変わらず、似顔絵どう?って寄ってくる画家も多いです。
その話はまた次回・・・。
entry_header

新入社員

私の派遣先の会社にも、新入社員が入ってきました。
新入社員ってスーツがまだ馴染んでなくて、
緊張もしていてとても初々しいですね。
誰にでも新人だった時はあるわけで、
春はそんな自分が社会に出た頃を
思い出す人も多いんじゃないでしょうか。

私も○○年前、入社式&社員総会を終えた後のパーティで、
突然ジャジャーン、とクリスタルキングが現れ
「あ~あ~♪」
と大都会を歌い始めたときの驚きは今も忘れません。
当時は大ヒットしていて(年がばれるなあ)
こんな歌を生で聞けるなんて、これが社会人か~
なんてちょっとずれた感慨をしたものです。
若い頃はほんとに未熟な私だったと思いますが、
今は少しは成長したかなあ・・・。

未来の社会はこの新入社員の人たちがまちがいなく担っていくわけで、
あせらず一歩ずつ頑張っていってほしいものですね。


写真は3月末の気温が上がり始めた頃のものです。
最初はどこかで焚き火でもしてるのかなー?
っと思ったら、土壌から白い湯気がもくもくと上がってるんですよ。
それもものすごく広い範囲で。
めずらしいので、思わず出勤途中の車の中からパチリ。
自然っておもしろいですね。
2008.1~ 199r
entry_header

入学式

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
週5で仕事をするようになって忙しいというのもあるけれど、
実は毎日毎日送られてくる迷惑コメントを削除しているうちに
なんだか書く意欲をなくしてしまって。
というわけで、コメントは承認したものだけを載せさせていただくことにしました。
四月に入って年度も替わったし、
また新たな気持ちでがんばりたいと思いまーす。

満開の桜のもと、今日長女の紗の
大学の入学式が行われました。
2008.1~ 209r

2008.1~ 241r

大学の入学式ってみんなスーツなんですね。
思わず、入社式?なんて思ってしまいました。
マンモス校なので、式は1日4回執り行なわれ、
会場には入りきれなくて外のモニターで見る父兄もいるほど。
新入生ひとりに2人は保護者がついて来てるって感じで
もうすごーい人でした。
2008.1~ 245r

応援団のパフォーマンスが。
さすが迫力があります。
2008.1~ 242r

ついこの前まで小さかったのにもう大学生なんて早いですね。
親は年取るわけです。
視力がよくてメガネもコンタクトも使ったことのとないことが自慢の私も、
最近細かい字を見るときに、顔を離していることに気がついて
はっとするときがあります。
でも紗が大学を卒業するまでの4年と
海と香が成長するまでまだまだがんばらなくちゃね~。

帰りに寄ったカフェのかわいいクマさんのカフェラテ。
2008.1~ 251r

フルーツいっぱいのワッフル。
2008.1~ 252r

やっぱり春は希望の香りがしますね♪

side menu

side_header

princess

プロフィール

ローズ・マリー

Author:ローズ・マリー
2005年4月から2007年3月までパリに在住。
今年4月には主人もモスクワ単身赴任から帰国して、5年ぶりに5人と1匹の生活をスタート。
パリにいた期間より日本に帰ってからの時間のほうが長くなってしまいました。でも、パリでの思い出は今も胸の中で生き続けています。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。

FC2Blog Ranking

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。