2007-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

ギマールの優雅な地下鉄出入り口

凱旋門のあるエトワール広場からは、
街路樹のある12本の大通りが放射状に伸びています。

その中でも、道幅が120メートルもある
「アベニュー・フォッシュ」
は、両側に公園のような緑地帯があって、
世界で一番美しい通りと言われているそうです。
20070829005723.jpg

19世紀後半に建てられた大邸宅やアパルトマンが並び、
けっこう有名な人も住んでるらしい。
20070829005745.jpg

このアベニュー・フォッシュの一番端に、
メトロ2号線の終点・ポルト・ドフィーヌ駅あります。
前の方から右側の出口に向かい、
地上へ出る階段を登ると、
ガラス屋根のついたギマール設計の出入り口に出ます。
20070829005629.jpg

ギマールのメトロの入り口でも、
鋳鉄製の囲いがあるものは今でもパリ市内にたくさん残っているけれど、
屋根までついたこのタイプのものはここと、
モンマルトルのふもとのアベス駅しかありません。
下は、よく見る赤いランプのついた、
ギマール設計の駅です。
20070830012041.jpg


階段を登ると、タツノオトシゴか蔦のような模様の描かれた、
オレンジ色のパネルが並び、曇りガラスから外の光が
やわらかく差し込んでいます。
20070829005613.jpg

この壁つきの駅はここしか残っていないそうです。
20070829005651.jpg

こんなに価値のある駅なのに、
利用者の多い反対側の出入り口に比べて
利用者の少ないこの出入り口。
車でよく通りかかっていたけれど、
本で知るまでは何だかわからないほど
ひっそりと建っていました。
何気なく建っているパリのメトロの出入り口は、
けっこうおしゃれで街の雰囲気つくりに一役買ってるなあ、
といつも思うのでした。
スポンサーサイト
entry_header

*24の日*

今日は24の日だそうです。
「24 Ⅵ-シーズン6」
のレンタル開始に向けて、最近テレビコマーシャルが流れてますが
けっこう笑える内容です。
D_070822123902[1]r.jpg


「ジャック・バウアーの歌」
・バージョン①

「オレはジャック・バウアー、常に大ピンチ
 オレはジャック・バウアー、なんだかんだ死なない♪」

・バージョン ②
「オレはジャック・バウアー、キレやすい男さ
 オレはジャック・バウアー、意外と泣き虫~♪」

・バージョン③
 「俺はジャック・バウアー、指図は受けない
  俺はジャック・バウアー、そしてみんな巻きぞえ~♪ 」

みんなが心の中で「???」
と、不思議に思っていることを
自分で歌ってしまってるところがおもしろい。
ホントに
「なんだかんだ死なない」
もんね。
生き返ったりするし。

ほんとのジャック・バウアーはもう少し色気のある声だけど、
日本語吹き替えの声は、けっこうだみ声なんだよね~。

シーズン5までは、DVDセットで見てたから、
24話イッキに見て、
終わった後はぐったりしちゃって。
貸してあげた人の中には、
ジャック・バウアーが乗り移ったようになってしまう人もいたらしい。

シーズン6は、3話ずつ週1回のレンタルだから、
少しは落ち着いて見れるかなあ・・・。
ああ、早く見たいよ~。
entry_header

奇跡のメダイ教会

ある平日の昼間、ルーブル美術館をぶらぶらしていました。
あまり観光客の行かないようなコーナーだったので、
ほとんど見学者もいません。
すると、係員の人に「キミキミ。」と声をかけられ、
「キリスト様はこっちだよ。」
と、おっきなキリストの磔刑の絵の前に連れて行かれました。
実は私、十字架のペンダントをしていたんです。
でも、単なるアクセサリーだったんですけど、
やっぱりクリスチャンだと思うんですね。

すぐ立ち去るわけにも行かないので、
お礼を言って、その床から天井まであるような絵を
感慨深そうなフリをして、しげしげと眺めました。

すると、「キミ、地図を持っていたら出しなさい。」
と言うので、持っていた地図を出すと、
「ここが大事だから、ぜひ行きなさい。」
と、地図に印を付けてくれたので、
私は「メルシー。」と
またまた、うれしそうなフリをしてその場をゆっくりと去りました。

その印を付けてくれたところがここ、
「奇跡のメダイ教会。」
(Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse)
パリ6区の、ボン・マルシェのすぐ裏にあります。

パリの立派な建築の教会たちと違ってこの協会は、
ビルの谷間にあって、見逃してしまいそう。
20070823201838.jpg

ここは、修道女「聖カタリ-ナ」の遺体が腐らず
130年もの間眠っている場所として、
世界中から信者が集まる教会だそうです。
20070823201826.jpg

中の写真は取れなかったので、絵葉書の写真です。
中は熱心にお祈りをする人でいっぱいでした。
20070823202205.jpg

聖カタリーナ修道女の遺体。
130年もこの状態なのかあ。
でもちょっとディズニーの人形のような感じも・・・。
20070823202008.jpg

このメダルをみんな、たくさん買っていました。
お守りみたいですね。
20070823201948.jpg

シスターたちはみんな優しかったです。
外にはボン・マルシェのウインドウが。
20070823201916.jpg

聖カタリーナが身に付けていた、
聖母マリアを刻印したメダルが、
聖母マリアを信じるものには理屈では説明できないさまざまな
不思議な現象を生じさせるとか。
今でもひとつ、私のお財布に入っています。
entry_header

優勝!!

最近、パリの話題よりも
海と香のテニス日記みたいになっておりますが
生活がもう部活一色になっているんですよ~。

きのう、近隣の大きな大会があり
海と香の学校が団体戦優勝、
個人戦優勝、準優勝しました~
海とあやセンパイのペアが準優勝 
大会30年の歴史で、1年生が賞状をもらうのは初めてだそう。
3年生が引退して初めての大会だから、
通常は2年生が主体だもんね。
香も個人戦は2回戦で負けてしまいましたが、
団体戦の決勝戦には出場して、勝利。
ふたごがそろって賞状もらうのもきっと初めてだろうなあ・・・。
黄色いユニフォームが海と香です。
20070820211004.jpg


20070820211027.jpg

ついこの前までパリの街をあるいていたのに、
今じゃ真っ黒けっけ。
でもね、子供が活躍してくれるというのは
親としてはうれしいもの。
苦労も吹っ飛んじゃいますね。
今年は猛暑で、体調管理にはとっても気を使います。
初めての夏の練習なので、1年生は体調をくずしやすいそう。
とにかく栄養のあるものを食べさせて、休ませてます。
でも、ホントは宿題がとっても心配。
ちょっと手伝ってあげようかな。
entry_header

ハープ弾きのおじさん

皆様、残暑お見舞い申し上げます>。
この写真を見て、少しでも涼を感じられますように。
20070815125115.jpg

「Hot!! (ホット!!)」
「Chaud!!(ショッ!!)」
「暑いよっ!!」
英語、フランス語、日本語で表現してみました。
こんなことしてもちっとも涼しくならないけど。

今日は今年最高だそうで(今まででも十分暑いのに・・・)
内陸では38度を超えてるとか。
ひえ~、体温より高いよ。
日本もついに、シエスタ(昼寝)が必要かも?!

いつもいろいろ調べて記事を書いている私ですが、
さすがに思考回路がストップしてるみたいなので、
難しい話題はしばらくお休み。

さて、こちらはモンマルトルの丘、サクレクール寺院の前で
ハープを弾いていたムッシュウです。
ハープを弾く大道芸人ははじめて見ましたが
とっても素敵な音色でした。
なので、2ユーロコインをかばんにそっと入れました。
でも、こういう人はあまり愛想はよくありません。
「お金が欲しいんじゃないよ、気に入ったら入れとくれ。」
みたいな感じ。
けっこうプライド高いみたいです。
20070815125055.jpg

このハープも立派なもの。
CDも売ってたけど、この人のかどうかわかりませんでした。
案外、昔有名な人だったりして。
20070815125045.jpg

暑さもあと少し。
がんばりましょー。
entry_header

暑かったテニスの合宿

先週末に、テニスの合宿に行って来ました。
合宿といっても、学校のじゃありません。
親しいファミリーで毎年行っている合宿に誘ってもらったんです。
大人や子供、総勢28名ととても賑やか。
場所は水戸インターから少し山の方に入ったところ。
山だから少しは涼しいかと思いきや、とんでもない。
コートにはギラギラと陽が降り注いで、
コート上は40度くらいありそう。
ホットプレートの上にいるような気分。
でも、さすが日ごろ鍛えた人ばかりで、
嬉々としてテニスを楽しんでいました。
私も2試合ほどしたけど、とても絶えられずギブアップ。
20070814205232.jpg

山小屋風のコテージ。
20070814205200.jpg

夜はバーベキュー&ビンゴ大会。
大勢で食べると、おいしいんですよね~。
20070814205246.jpg

お昼の、冷やしそうめん汁。
味噌風味ときゅうりと薬味が絶妙で、
冷たくておししい~。
食が進みます。
20070814212008.jpg

帰りは、ホロルの湯で温泉に入ってゆっくりしました。
あ~、やっぱり日本の温泉はいいですね。
20070814205303.jpg

この夏の旅行はこれだけです。
また明日からは海と香の部活部活の日々。
週末には大会もあります。
宿題大丈夫かな~~~??
entry_header

パソコン教室

毎日暑いですね~。
「あつい、あつい」って言うと、余計暑くなるから
あまり言わないようにしてるけど、
でも思わず言ってしまう。
ヨーロッパで日本に派遣している企業の中には
「熱帯手当て」
を出す会社もあるって話を聞いたことがある。
「まさか~」
と思ったけど、それもあるかも、なんて最近思います。

さて、6月末からパソコン教室に通っています。
そろそろ仕事しようかな、と思うのだけど
私の年齢だとなかなかない。崖っぷちなんですよ~。
だから資格でもあれば有利かと思って。
もともと多少パソコンをいじったことがあるので、
エクセルの初級、中級、アドバンスと終わって
次回から試験対策に入ります。
関数なんて、学生のとき以来○十年ぶり。
さて、無事試験に受かるか、応援していてくださいね。
20070810133222.jpg

もうひとつうれしいのが、教室が居心地がいいこと。
ひとりずつブースが別れていて、集中できるし
教室内の雰囲気も明るくてきれいで、
私の好きなかわいいものも飾ってあったりして。
家だといろいろ用事があって、なかなか集中できないけど
教室に行くと、とても能率があがって楽しい。
私ってけっこう勉強が好きみたいです。

20070810133231.jpg

暑いけど、夏の花は元気に咲いてます。
水遣りと花柄摘みをまめにやってあげてる。
汗だくになりながら・・・。
20070810133246.jpg

暑さに負けず、がんばりましょー。
entry_header

チェルヌスキ美術館

チェルヌスキ美術館(パリ市立アジア芸術美術館)はパリ8区、
モンソー公園の脇に立つ邸宅街の一角にあります。

この美術館は、フランスではギメ美術館に次ぐ
東洋美術の宝庫だそうですが、
パリに住んでいる日本人でも知る人は少なく、
ガイドブックにもあまり載っていないです。
でも、中国のコレクションはヨーロッパでも5本の指に入るほど
豊かなものだそうです。
20070809215622.jpg


20070809215643.jpg

イタリア出身の銀行家、チェルヌスキ氏が持ち帰った東洋美術の数々。
20070809215659.jpg

この「阿弥陀如来像」は、目黒のお寺にあったもの。
圧倒されるほど大きくて立派なこの像は、
お寺が火災にあい、打ち捨てられていたものを氏が購入。
フランスに持ち込むためにいったんばらされ、復元されたものです。
20070809215717.jpg

あまりにも美しい屏風なので見とれていたら、
係りの人が「フラッシュを焚かなければ、写真とってもいいよ。」
と言ってくれた。
ああ、パリの美術館てなんて太っ腹なのだろう。
(私がいかにも写真撮りたそうにしてたのかも?)

20070809215935.jpg

美術館を彩る大きな壷たち。
20070809215746.jpg

これは、人面…、じんめん…、なんだろう…??
20070809215730.jpg

ぜひ、モンソー公園・チェルヌスキ美術館、それともうひとつ
ニシム・ド・カモンド美術館と隣接いているので、
3つまわると楽しいですよ。
entry_header

コーチと再会

きのう、ゆかりコーチと再会しました。
コーチは、去年の9月にアメリカに行ってしまったので、
約10ヶ月ぶりです。
パリで別れるときに、
「来年の夏は絶対日本で会おうね。」
という約束を実現することができました。

10ヶ月ぶりだけど、全然違和感がなくて
つい昨日まで会っていたような感覚。
きっと、パリで一生懸命テニスをやって
濃い時間をいっしょに過ごしたからかな。
コーチは相変わらずパワフルで、
今は、アメリカ人とペアを組んで試合などに出ているそう。
海と香が今、テニス部でがんばっていることを喜んでくれて、
そしてまっ黒なこと、足にくつしたの後がくっきりしていることを
笑っていました。
明日にはアメリカに戻ってしまうそう。
今度会えるのはいつかしら・・・?

コーチと別れた後、新宿高島屋のフォションでバッゲットを購入。
日本のバゲットは、皮が薄くて歯ごたえがないけれど、
さすがフォション、久々にパリの味がしました。
20070808101430.jpg


これは、パリのフォションの広告。
よーく見ると、いろいろおもしろいですよ。
FAUCHONの広告はいつも斬新で
はっとさせられる、フランスらしい広告だと思います。
20070808094840.jpg

20070808094852.jpg

entry_header

モンソー公園

8区にあるモンソー公園は、
18世紀の半ば過ぎ、オルレアン公の命令で造られた公園。
入り口には、昔パリ市内に入るときに通った
主税局(入場税を取るところ)の建物があります。
20070805223244.jpg

訪れたのが、水曜日の午前中だったので、
たくさんの子供たちが遊んでいました。
こちらの公立校は小学校まで、週休3日制なんです。
理由は「疲れるから」とのこと。(本当かわかりませんが)
週休2日さえ見直そうとしている日本とはまったく違いますよね~。
20070805223257.jpg

こんな立派な建物に囲まれた公園ってすごい。
20070805223314.jpg

公園の門扉も立派。
最初の頃、お城か何かの庭園かと思いました。
向こうに凱旋門も見えます。
20070805223334.jpg

この公園を設計したカルモンテルは、
古代エジプトやローマ、中世から18世紀にいたる
あらゆる時代への賛美をこめ、さらに異国情緒も加えた庭園を
生み出しました。
これは、小さなピラミッド。
20070805223355.jpg

古代ローマの海戦場をかたどった楕円の池ノーマシー。
20070805223655.jpg

そして、
1986年に東京都知事より2都市の友好を記念して
パリ市長に贈られた「徳川将軍の灯籠」が立っていました。
ぽつんと・・・。
20070805223631.jpg

大都会のパリ市内には、こうした大きな公園がたくさんあって、
市民の憩いの場になっています。
ジョギングをしたり、ペタンクをしたり、日光浴をしたり。
お昼時はランチをする近隣の働く人たちもいます。
こういう場面に会うと、
パリってオフィスなどの経済活動の場と、
生活の場ががうまく融合してるなあと思いました。
entry_header

レミーのおいしいレストラン

関東地方もようやく梅雨が明けましたね。
すごい蒸し暑いです~。
覚悟はしていたけど・・・。
電車を降りたときの、あのもわ~っとした空気。
ああ、日本だなあ、と思いました。

先日、映画「レミーのおいしいレストラン」を見ました。
時々映る、実写のノートルダム寺院や
セーヌ河畔の石畳が懐かしかった。
というか、まだ自分がそこに住んでいるような、
そんな感覚がまだあるみたい。

映画は、けっこうおもしろくて
どっと笑える場面がいくつもあって、楽しかったです。
ぜひ、親子で見てほしい映画です。
20070801202905.jpg


さて・・・。
映画とはまったく関係ないけど、
パリにもねずみの看板を掲げたレストランがあります。
レストラン「オ・スーリ」
スーリとは、フランス語でねずみのこと。
場所はオペラ界隈の日本人が集まるところ。
十字屋の並びです。

20070801230917.jpg

外から見ると狭そうだけど、中は割と広いし2階もありました。
ワインレッドを基調とした、落ち着いた雰囲気。
20070801230848.jpg

ねずみのグッズがあちこちにあって、楽しいです。
20070801230807.jpg

トイレのふたまでこんなの。
(って、こんなの撮ってる人もめずらしいと思うけど)
20070801230904.jpg

この日は、ラパンのもも肉を食べました。
ラパンはうさぎ。
フランスでは、普通にスーパーで鶏肉と並んで売ってるんですよ。
20070801230932.jpg

オペラ界隈にしては、値段も手ごろで
ランチのビジネスマンで賑わっていました。
赤ワインもおいしかった。
20070801230945.jpg

もしかしたら、「レミー」が奥で料理してるのかも・・・!?

side menu

side_header

princess

プロフィール

ローズ・マリー

Author:ローズ・マリー
2005年4月から2007年3月までパリに在住。
今年4月には主人もモスクワ単身赴任から帰国して、5年ぶりに5人と1匹の生活をスタート。
パリにいた期間より日本に帰ってからの時間のほうが長くなってしまいました。でも、パリでの思い出は今も胸の中で生き続けています。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。

FC2Blog Ranking

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。