2006-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

ローリングストーンズ

ローリングストーンズのコンサートに行ってきました。
場所はスタッドフランス。8年前のサッカーワールドカップで優勝したスタジアムです。
7月上旬の予定が、メンバーのひとりが木から落ちてケガをしたため、
遅れての開催でした。
20060730051029.jpg


ボーカルのミック・ジャガーは、声が若く艶があって、歩き方やしぐさがとってもセクシー。それに、あんなに動き回ってるのに息がちっとも切れない。
とても60才を超えてるとは思えません。
20060730051109.jpg


ステージごと前に出てきてアリーナ席の真ん中に。
もう会場は大興奮。
20060730051200.jpg


超盛り上がりのフィナーレ。
20060730051235.jpg


やはりプロはすごい!と思いました。
スポンサーサイト
entry_header

パリプラージュ

今日もパリは37度。連日の暑さにまいっています。
エアコンがないので、家の中もメトロもバスも蒸し風呂のよう。
クーラーが恋しい~。

7月20日からパリプラージュが始まりました。
セーヌ河沿いの道路を封鎖して海岸にしてしまおう、というものです。
フランス人の考えることはやっぱり奇抜ですね。
そういえば、去年「東京プラージュ」ってありませんでしたっけ・・?
20060727062801.jpg

20060727062830.jpg


砂浜です。デッキチェアーで日光浴するビキニのお姉さんも。
(残念ながらお姉さんの写真はありません)
20060727062905.jpg


子供の遊び場です。
20060727062935.jpg


南国風音楽を演奏する人たち。
20060727063005.jpg


ナイスな髪型のポリスウーマン。
20060727063052.jpg


これは、16区のヤマザキで食べたかき氷の宇治金時です。
おいしかった~。
20060727063440.jpg

entry_header

オペラ座と椿姫

オペラ座で「椿姫」を見ました。
バレエなんてセリフはないし、退屈かな~と思っていたらおおまちがい。
特に、ピアノだけで主人公のふたりが踊るシーンはとても美しく、ピアノもとっても素敵でした。
20060727055743.jpg

20060727055827.jpg

20060727055855.jpg


シャガールの天井画です。
シャンデリアがすごく大きい。
映画「オペラ座の怪人」で落ちてくるやつです。
20060727060125.jpg


ここで、幕間にシャンパンを飲みます。豪華~。
20060727055922.jpg


ライトアップされたオペラ座です。
20060727055958.jpg

entry_header

オランジュリー美術館

6年間の改修工事を行っていた、オランジュリー美術館がようやく5月にオープンしました。
ここは昔、オレンジの木を冬の間しまっておく温室で、それでオランジュリーというそうです。
20060726061113.jpg


オランジュリーと言えば、モネの「睡蓮の部屋」ですね。
「睡蓮の部屋」はふたつあって、「なるべく自然の光で絵を見て欲しい。」というモネ本人の希望通り、天井からの優しい光に絵が浮かび上がっています。
20060726061154.jpg



20060726061232.jpg


これは地下の展示室。こちらも、ルノアール・マティス、ピカソなどの
有名な絵が並んでいます。
20060726061258.jpg

20060726061326.jpg


あまり大きくはないけれど、見ごたえ十分の美術館でした。

entry_header

ツール・ド・フランス

 7月2日にストラスブールを出発した「ツール・ド・フランス」が、今日最終日を迎えシャンゼリゼにゴール。
 コンコルド広場に見に行ったのだけど、すごい人出であまり近くで見られませんでした~。
 でも、あっという間に駆け抜ける選手たちはすごい迫力。
スピード間は十分感じました。
20060724062533.jpg

※右側の建物は、ホテル・クリヨン。この前、決勝に敗れたジダンやフ ランス代表チームが手を振ったところです。

毎日テレビで見ていたけれど、景色がすばらしくて、フランスってきれいな国だなあ・・・と思いました。

20060724062603.jpg

entry_header

ノルマンディの海と上陸作戦

写真は、「ノルマンディ上陸作戦」「プライベートライアン」の舞台となったオマハビーチ。
連合軍の大量の戦車や大砲や何万の兵士が、船でやってきて上陸したとは、こんなきれいな海からはちょっと想像できない。
そして、この崖の上からの銃弾の雨・・・
「プライベートライアン」を見たけど、悲惨だった。
20060719053141.jpg


ここは、アメリカ兵士の墓地。無数の白い墓標。
向こう側には海が見えます。
20060719053220.jpg


これは、戦争資料館。映画の上映もありました。
ノルマンディ地方が、その後連合軍とドイツ軍との戦いで、壊滅的な被害を受けたことは、この資料館で知りました。

20060719053322.jpg

20060719053403.jpg


子供はどんな状況でも明るい。
20060719053439.jpg


墓標には、名前と戦死した日と出身州。
20060719053243.jpg


今はのどかなノルマンディ地方でした・・・

entry_header

モンサンミッシェルに行ってきました

モンサンミッシェルは2度目だけど、やはりすごいなあと思ってしまう。
普通に登るのさえきついのに、よくこんな岩山の上に修道院を築いたものだ。修道院というより、要塞という感じ。実際、牢獄や要塞としても使われていたらしい。
20060718041204.jpg


最初はこんな感じだったらしいです。
20060718042138.jpg


夕日がきれいでした。
20060718041310.jpg


初めて満ち潮の瞬間を見ました。
さっきまで駐車場だったところが、どんどん水中に沈んでいきます。
自然ってすごい。
20060718041335.jpg


ライトアップされたモンサンミッシェル。
20060718041400.jpg


今回は、直前に予約したのがよかったのか、島内のホテルに泊まれました。でも、ホテルまでの階段がきつくてぜーぜー・・・
20060718041234.jpg


もうすぐ、島への道路は取り壊され、もとの海に浮かぶ状態に戻すそうです。その頃また見られるといいな。
20060718061051.jpg

<おまけ> 海にいたカニ。
entry_header

フランス革命記念日のパレード

革命記念日のパレードをシャンゼリゼに見に行ってきました。
凱旋門の周りには戦車がいっぱいですごい迫力!
出発するまでは、子供を運転席に乗せてあげたり、手を振ってくれたりとサービスしてくれたけど、戦車がすごい轟音をあげて発信するととても凛々しい顔に。もう、超かっこいいったら・・・!
まるで映画の世界のようでした。
20060715073007.jpg


20060715072940.jpg


そして夜は花火を見に、エッフェル塔の見えるトロカデロ広場へ。
去年は、エッフェル塔からも花火がシューっと出てかわいかたけれど、
今年はなし。
去年は、オリンピック招致で成功したらあげるはずだった花火を一緒に使ったので、例年より華やか、という噂は本当だったみたいです。
でも、とてもきれいでした。

20060715073033.jpg

20060715073653.jpg


でも、ベルばらファンの私としては、革命記念日には特別な思い入れがあるけど、それはまた次の時に・・・
entry_header

バルサイユのばらとアンドレ

7月14日は革命記念日。そして、前日はベルサイユのばらのアンドレが、チュイルリー公園で命を落とした日です。
 
べルばらが週刊マーガレットに連載されていた当時、待ちきれなくてまず本屋さんで立ち読みしてから、本を買っていました。
アンドレが死んだ翌日(革命が起こった日)、オスカルが「バステーユへ!」と出撃の号令をかけたあと、「アンドレ行くぞ、準備はいいか?」と振り返ったときにそこにアンドレの姿はない・・・

そのシーンを読んだときに、思わず涙が出そうになった記憶が鮮明に残っています。
 
当時小学校6年生。今の娘の年。娘はパリに住んでいるのに全然ベルばらを読もうとしない。もったいないなあ~
20060714075137.jpg


今は、チュイルリー宮殿もなくなって、公園は市民の憩いの場になっています。
夏には移動遊園地ができて、夜遅くまで楽しそうな笑い声が響いていて、ここで革命前夜たくさんの人が命を落としたなんて誰も想像しないんだろうなあ・・・(アンドレは実在の人物ではないけれど)

20060714075215.jpg

観覧車の写真

20060715071553.jpg

entry_header

残念!!フランス

今、試合が終わって1時間。
花火がたくさんあがって、クラクションも鳴り響いてるけど、心なしか元気がありません。
凱旋門には、ジダンの顔が映し出され、「みんな君が好きだよ」という文字が浮かんでいます。
優勝できなかったのは本当に残念だけど、とってもいい夢を見せてもらいました。
Merci Les Blues!!!

★今回は残念ながら写真がないので、去年オリンピック招致で落選した時の、パリ市庁舎の前の写真です。落胆度が似ているような気がして・・・

20060710071020.jpg

entry_header

ランス大聖堂とマリーアントワネット

ランス大聖堂と言えば、ルイ16世が戴冠式を行ったところ。
マリー・アントワネットが「なんて素敵!まるで歴史の教科書みたい。」と感激したところです。
思えば、このときから歴史はフランス革命に向かっていたのかもしれません。
世界でただひとつといわれる「微笑みの天使」も、アントワネットには微笑まなかったのですね・・・。
20060709051634.jpg

20060709052154.jpg
一番右が「微笑みの天使」です。にっこり微笑んでいるのですが、わかりますか?
entry_header

フランス、決勝へ!!

「アレ、レ、ブルー」(行け行け、フランス!!)
きのう、フランスがポルトガルに勝ちました。
それも、得点したのはジダン。もう最高のシナリオ。
ジダンがボールを持つと、何かが起こる気がする、そして実際起こってしまう。
こんな、4年に一度、世界にひとつだけの国しか経験できないタイミングにフランスにいることができて、ラッキーだと思います。(まだ優勝したわけじゃないけど)
がんばれ、フランス!!
20060707054743.jpg

(この写真は、大使館から夜、外出しないようにとのメールが来たのでブラジルに勝った時のものです。)

そして・・・
今日、親しかった友人が帰国してしまいました。
彼女は明るく楽しく、優しくて親切で、もっとも大切な友人のひとりです。明日からさびしい・・・

入れ違いに、両親が日本からやって来ました。
両親も、「ワールドカップ・決勝の盛り上がりを出場国で見られるなんて」と、とても大喜び。日本での報道もすごいようです。
20060707060028.jpg


おまけ・・・おみやげのおいも。
20060707062123.jpg

entry_header

ダビンチコードとパリ

20060705053423.jpg

写真は、ダビンチコード封切り前のコンコルド駅。
駅中が黒と赤になって、壁には巨大なダビンチコードのポスターが。
(ちょっと前になるけど)
すごい迫力~

20060706024136.jpg

ルーブル美術館の逆さピラミッド。
いつも入れ代わり立ち代わり写真を撮る人でいっぱい。
「この上ってどうなってるんだろう?」と思って上に行ってみた。
でも、生垣が深くて入れそうにない。警備員さんもいるし。

20060706024613.jpg

そこで、美術館の中から写真を撮ってみました。
真ん中の池みたいのが、逆さピラミッドの上です。
ロバート・ラングドンのようにこの上を歩いてみたいなあ~

下の写真は、近所の「レオナルド・ダビンチ」通り。
何か関係があるのかも??

20060706025124.jpg

entry_header

もうひとりローランギャロスで活躍した日本人

140949r.jpg

それは、男子ジュニアダブルスで優勝した、錦織圭(にしこりけい)くん。16歳。
ペアはアルゼンチンのマサ。(日本人の名前みたい)※写真はナダルです。
彼の試合を5試合も見てしまった。なかなかセンスが良く、松岡修三もさかんに立ち上がって拍手を送っていました。
写真は、優勝直後。なんと彼は翌日に決勝を控えたナダルのヒッテイングパートナーを務めたのだ。なかなか堂々としたものでした。ナダルに指名されて、翌日も(決勝当日)練習相手をしたらしい。20060704040228.jpg

ナダルの手にあるのは私のペン。サインをしてくれたあと、持って行っちゃって、返して~と言っても気がつかずオジ様たちと談笑・・・
あのペンはどうなったかしら・・・?

20060704040201.jpg
20060704041814.jpg

これはフェデラー。目の前で練習する姿を見てしまいました。
entry_header

フランスがブラジルに勝った!!!

20060703050528.jpg
まさか、フランスがブラジルに勝つなんて。1次予選を辛うじて勝ち上がったので、ブラジルは無理だろうな・・・なんて思ってる人が多かったように思う。
もうだから勝った後は、国中がまるで優勝したかのような大騒ぎ。写真は、直後のシャンゼリゼ。もうフランスの旗を振りながら車やバイクや人が走り回りすごい!
意外だったのは、次の対戦国ポルトガルの旗が多かったこと。もう戦いは始まってるのね。
20060703052041.jpg

 翌日はすごくいいお天気で、暑かった。
写真は、エッフェル塔とその前の噴水で泳ぐ人たち。
お水、きれいなのかしら・・・?


entry_header

ローランギャロスと杉山愛

杉山愛がウインブルドンでヒンギスに勝ちましたね。ブラボ~!!
写真は、ローランギャロスでもらった杉山愛のサインです。20060701214712.jpg

今年はローランギャロスに6日間通いました。
愛ちゃんのダブルスの試合も2試合+練習の様子も見学。
灼熱の赤い土の上、愛ちゃんはプレーをとても楽しんでるように見えました。ペアのハンチェコバが連発するミスにも暖かく声をかけ、最後まであきらめずボールを追い・・・。
何度も苦しい場面があったけど、乗り越えて準優勝できたのは愛ちゃんのおかげだと思います。
でも、シングルスは早々に負けてしまったので、もうシングルスはちょっと無理なのかな~?と思った矢先のヒンギスからの勝利。
まだまだ行けますねっ。
P1000878r.jpg

次はベスト8をかけてがんばって!!P1000881r.jpg

side menu

side_header

princess

プロフィール

ローズ・マリー

Author:ローズ・マリー
2005年4月から2007年3月までパリに在住。
今年4月には主人もモスクワ単身赴任から帰国して、5年ぶりに5人と1匹の生活をスタート。
パリにいた期間より日本に帰ってからの時間のほうが長くなってしまいました。でも、パリでの思い出は今も胸の中で生き続けています。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。

FC2Blog Ranking

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。