2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

オペラ座と歌舞伎公演

寒い!
パリは20度を越える日が続いているらしいけど、
日本は10度ちょっと。
寒くてストーブ焚いてます。

さて、だいぶ日にちがたってしまいましたが・・・。
パリ・オペラ座の歌舞伎公演の記念すべき初日を見に行きました。
実はその日は引越し2日目の日。
必死で早く引越しを終わらせ、オペラ座へ向かいました。

初日のためか、オペラ座は日仏の報道陣がたくさん。
筑紫哲也さんや、森元首相も来ていました。
20070417151430.jpg

帰国した日の夜、「NEWS23」を見たら筑紫さんが、
オペラ座の歌舞伎の様子と、パリの街の様子を生中継していた。
ついこの前パリで見かけたのに、
筑紫さんはパリで私は日本。
なんだか不思議な気がしました。
20070417151439.jpg

シャガールの天井画に歌舞伎の三色旗。
20070417151449.jpg

お煎餅の袋の模様だ!と思ってしまったのは私だけ?
20070417151417.jpg

一幕目の「勧進帳。」
弁慶と富樫佐衛門の役を交代でやるらしいけど、
今日は弁慶が団十郎、富樫佐衛門を市川海老蔵がやっていました。
海老蔵は女性との噂が多くて、いけ好かないと思っていたけど、
すごい才能と勢いを感じました。
それから、舞台に敷き詰められた檜の板を踏み鳴らす
「カン、カン!」
という音の響きが心地よかった。
楽器じゃない音がこんなに美しくオペラ座に響くなんてことは
初めてじゃないだろうか。
20070417151501.jpg

二幕目の「口上。」
この舞台、「笑点みたい。」と思ったのは私だけ?
歌舞伎役者の人たちがフランス語をしゃべると、
「ボンジュール」が「ぼんじゅ~る」
とひらがなで聞こえるからおもしろい。
歌舞伎独特のイントネーションがフランス語っぽく聞こえて、
「ああ、こんな風にフランス語を話したらもっと上達したのかも?」
と思いました。
みんな上手にフランス語をしゃべっていましたが、
ちょっととちるのもご愛嬌。
会場中から「ブラボー!!」の声と拍手の嵐でしたよ。
20070417151735.jpg

満員の客席。
歌舞伎のセリフは、日本人の私達にも難しいけれど、
上のほうにフランス語字幕が出るので、
フランス人たちが笑ったりすると、
「えっ?なになに???」
って思ったりして。
20070417151512.jpg

三幕目の「紅葉狩。」
これは海老蔵の「鬼女。」です。
最初は美しい女の人だけど、あとからこの「鬼女」に変身します。
この舞台装置がすばらしかった。
ワーッというほどの鮮やかな紅葉は、
オペラ座の絢爛豪華な装飾にも負けないくらいの迫力がありました。
20070417151523.jpg

20070417151534.jpg

カーテンコール。
もうすごい、割れんばかりの拍手喝采でした。
歌舞伎ははじめて見たけれど、こんなにおもしろいなんて。
今度歌舞伎座に行ってみようかな。
20070417151546.jpg

もしかしたら、オペラ座が日本人で埋まるのでは?
って思っていたけどフランス人のほうが多かったです。
歌舞伎衣装展のときも、十二単着付け披露のときも、
マルモッタン美術館の浮世絵展のときも
いつもたくさんフランス人が見に来ていて、
日本の文化に興味を持ってくれてる人が
たくさんいるんだと思った。
日本はアジアの中の国だけれど、
日本を離れて見てみると、
中国や韓国やその他のアジアの国とは違った文化があることに気がつきました。
うまく言えないけど、それは「和」のような気がします。
平和の「和」、人と人とのつながりの「和」
日本人の「和ごころ」は外国の人を引き付けるものがあるんでしょうね。
帰国ぎりぎりにこの歌舞伎が見れて、本当にうれしかったです。
スポンサーサイト
entry_header

リドのSHOW

パリ生活の思い出に、友達3人と「リド-LIDO」のショーを見に行きました。
場所はシャンゼリゼ通り。
入口では、かっこいいお兄さんが「コンニチワ~」と
明るくお出迎え。
20070304084507.jpg

ショーはとっても華やかで、とにかくみんなスタイルがいい!!
足が長いし、肌もきれい。
見とれてしまいます。 
20070304084520.jpg

ショーは次から次へと内容が変わり、
数えてなかったけど、全部で20種類くらい。
スケートあり、水ものあり、東洋風の踊りあり、と
全く飽きません。
このお姉さんは、人間とは思えない体の柔らかさでした。
骨なし人間?のよう。
20070304084532.jpg

こんなピラミッドのようなものが下からせり上がってきたり、
像のロボットや本物の馬まで。
20070304084558.jpg

トップレスの女性ばかりかと思ったら、男性のダンサーもいっぱい。
仕掛けも大掛かりで、すごく楽しいショーでした。
チケットを取ってくれた、コロちゃんのお母さん、ありがとー。
20070304084617.jpg

ショーが終わった後、クロークが混みそうだったので席で待っていたら、近くの席のおじさんが話しかけてきてシャンパンをついでくれました。
あちらもだいぶ酔っていて、やたらと親しげ。
そしたら、奥さんが怖い顔して呼びに来た。
他にもシャンパンを持って話しかけて来る人がいて、
ビンがこんなに。
全部飲んだわけじゃありませんよ~。

海外にいると、中年女でもちゃんと優しく大事にされて
いい気分にさせてくれる。
日本もこうだといいな~~~。
若い子ばっかりちやほやしないでさ。
(っておばさんのぼやきか・・・)
20070304084632.jpg

次の会にはこんなに列が。
土曜日は混むみたいです。
20070304084645.jpg

またひとつ、パリの楽しい思い出ができました。


★今日のパリ 今日は楽しいひな祭り
20070304091806.jpg

entry_header

モーリス・ベジャールのモダン・ダンス公演と日本人ダンサー

モダンバレエ界の鬼才、モーリス・ベジャールの80歳を記念した
「ローザンヌ・ペジャール・バレエ団」による特別公演
「愛-そしてダンス」
がパリ・パレ・デ・スポーで開催され、最終日に行って来ました。
20070214060844.jpg

かなり大きな会場でしたが、超満員。
20070214060902.jpg

ベジャールの代表作、「春の祭典」や「ロミオとジュリエット」、
またクイーンの「I was born to love you」など
クラシックバレエとはかなり違った、独創的なダンスの数々に圧倒されました。
真ん中の椅子に座っているのがペジャール氏。
20070214060921.jpg

そして、その中に日本人ダンサー「なすの けいすけ」さんがいました。(お名前の字は不明です)
写真左下の方です。(パンフレットより)
途中ソロで一曲踊りましたが、とても力強くでもなめらかできれいな踊で、ソロとしては一番大きな拍手を浴びていました。
こんなところで日本人が活躍している。うれしかったです。
上の写真でペジャール氏の隣にいるのが、なすのさんです。
20070214060942.jpg

最終公演とあって、最後はスタンデイング・オベーションと拍手の嵐。
何度もカーテンコールしてくれました。
それにしても、コンサートや企画展などはどれもいつも満員です。
フランスの人たちの芸術に対する熱意と関心はいつもすごいなあ、と思います。

★今日のパリ 明日はバレンタイン
20070214070057.jpg

entry_header

韓国の「YEODO CHILDREN'S オーケストラ」

お友達が、いつも行く韓国食料品やさんでコンサートのチケットをもらったので、お誘いを受けて一緒に行きました。
韓国の子供達のオーケストラだというので、私達の子供達も連れて行くことに。
最近ドラマ「のだめカンタービレ」を見たので、オーケストラにちょっと関心あるんです。
ん?でも会場はサル・ガボー。
フジコ・へミングが毎年コンサートをやるところだけど、そんないいところでやるの?
ここは大きくはないけれど、とても上品な会場で好きなところ。
白い壁にオレンジの椅子が素敵な雰囲気です。
20070201073534.jpg

オーケストラの名前は「YEODO CHILDREN'S ORCHESTRA」
コンサートが始まってびっくり!
確かに子供達が演奏してるけど、とてもそうは思えない本物。
聞いてると子供だという事を忘れそう。
でも顔を見ると、小学生から高校生くらい。
20070201073555.jpg

そして圧巻はこの8人の太鼓士たち。
オーケストラに太鼓。かなりミスマッチですが、おもしろい演奏でした。
途中からはこの太鼓だけの演奏になったのですが、ものすごい迫力!
会場中を引きつけた迫力はあっぱれでした。
20070201073614.jpg

素敵な椅子。
20070201074248.jpg

美しいパイプオルガン。
20070201074302.jpg

帰ってきてパンフレットを見たら、オーストリアやポーランドも回っているかなりの本格派。
韓国の英才教育の底力をみたように思いました。

★今日のパリ 信号がハートだよ~。
20070202053746.jpg

entry_header

オペラ・バスティーユとバレエ「コッペリア」

オペラ・バスティーユはフランス革命200周年を記念して、
1989年に誕生しました。 
オペラ・ガルニエとは対照的な超モダンなデザインです。
20070111082513.jpg

中は広々とした明るい空間が広がっています。
席もゆったりしてました。
今日の演目はバレエ「コッペリア。」最終日なので満員です。
20070111082535.jpg

今回の席は、はじめての1階席。
オーケストラがこんなに近くに見えるよ~。
20070111082628.jpg

主役のスワニルダとフランツ。
フランツはすごくボー・ギャルソン(ハンサム)だった。
20070111082658.jpg

指揮者と演出家も登場のフィナーレ。
20070111082721.jpg

ゼンマイ仕掛けのようなユニークな動きのバレリーナたち。
とてもウケてました。
バレエにもこんな動きがあるんですね。
20070111082740.jpg

村人役の人たち。
20070111082754.jpg

スワニルダの友達役の少女たち。
20070111082813.jpg

おもしろい形のエントランスのオブジェ。
20070111082842.jpg

夜の革命記念柱。
この場所で銃弾に倒れたオスカルも、こんなモダンな建物がここにできるとは
思わなかったに違いない。
「オペラ・ベルサイユのばら」をいつかここでやってくれないかなあ。
20070111082830.jpg

★今日のパリ
20070115063640.jpg

今日は朝から一日中バドミントンの強化練習。
来週、大きな大会があって地区の代表になったのです。
これに勝つと次は、ブルターニュで6月に行われる全国大会に出られるらしい。
でも残念ながら我が家はもうその頃フランスにはいません。
(いや、勝つとも限らないし)
entry_header

オペラ座でバレエ「ジゼル」

最近すっかりバレエづいてるけれど、実はチケットはいつも友人が取ってくれるんです。
おかげで人気の演目が見れてとても感謝。
今日の演目は「ジゼル」
ジゼルとアルブレヒトの恋のお話ですが、1幕の終わりに病でジゼルは死んでしまう。
2幕目は、墓場で精霊となって現れたジゼルとアルブレヒトが踊るシーン。
ふわふわとした人間ぽくない踊りには目を見張りました。
バレエには詳しくないけれど、すごい踊であることは私にもわかります。拍手もすごかった。
20061220084938.jpg

オペラ座というと、すごく高いような気がしますが今回の席は20ユーロ。
一番後ろの席だけど、全体が正面から全部見えるし、オペラ座はあまり広くないので十分よく見えます。
館内の見学で入るだけでも6ユーロかかるので、おトクだと思います。
(ガイドツアーは10ユーロです)
20061220085002.jpg

こちらはサイドのバルコン席。ちょっとお高めです。
20061220085023.jpg

シャンデリアとシャガールの絵。
20061220085112.jpg


コンコルド広場のオベリスクや凱旋門が見えます。
20061220085133.jpg


終わった後バルコン席に行ってみました。
4席ありますが、後ろの席は見えにくそう。
20061220085203.jpg

帰る人たち。 
映画オペラ座の怪人では、ここで舞踏会をやっていましたね。
20061220085221.jpg

以前にも載せたことがありますが、あまりに絢爛豪華なのでもう一度。
20061220085303.jpg

バルコン席の入口。
20061221193633.jpg

とても素敵なバレエでした。
拍手が鳴り止まず、何度も何度もカーテンコールしてくれました。
ブラボー!!
20061221193716.jpg


★今日のパリ 9号線マルセルサンバのイルミネーション
20061221200719.jpg

side menu

side_header

princess

プロフィール

ローズ・マリー

Author:ローズ・マリー
2005年4月から2007年3月までパリに在住。
今年4月には主人もモスクワ単身赴任から帰国して、5年ぶりに5人と1匹の生活をスタート。
パリにいた期間より日本に帰ってからの時間のほうが長くなってしまいました。でも、パリでの思い出は今も胸の中で生き続けています。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中。

FC2Blog Ranking

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。